Menu Opener

Press News

親しい友達リストでストーリーズをシェアしよう

本日より、Instagramで「親しい友達リスト」を作成し、そこに追加した友達とだけストーリーズ投稿をシェアできるようになりました。ストーリーズは、気軽に自分らしさを表現し、日常のちょっとした瞬間をシェアする場所です。ときには、フォロワー全員ではなく、一部の友達とだけ写真や動画を共有したいこともあるでしょう。親しい友達リストを使えば、小規模なグループを作り、プライベートな瞬間をシェアすることができます。 リストに友達を追加するには、プロフィール画面に移動し、サイドメニューで[親しい友達]をタップします。リストを見ることができるのは、作成した本人だけです。他の人たちはリストへの追加をリクエストすることができないので、気軽にリストを編集することができます。リストを作成すると、ストーリーズで写真や動画を投稿する際、親しい友達リストに追加した人たちだけとシェアするオプションが表示されます。他の人があなたをリストに追加すると、その人のストーリーズ投稿を閲覧しているときに緑色のバッジが表示されます。また、ストーリーズトレイ(ホーム画面上部にある丸いアイコンが並んでいる場所)では、その人のアイコンの周りに緑色のリングが表示されます。 親しい友達リストは、iOSとAndroid用のInstagram最新バージョンで本日からご利用いただけるようになります。詳しくは、Instagramヘルプセンターをご確認ください。

Read More

タイトル: Instagramのアクセシビリティを向上する取り組み

視覚障がいをお持ちの方にもInstagramを簡単にご利用いただけるよう、2つの新しい改善を導入します。視覚障がいを持つ人は世界中に2億8,500万人を超えます。Instagramのアクセシビリティが向上することで恩恵を受ける方は多くいらっしゃいます。 1つ目の改善では、自動代替テキストを導入し、フィード、発見、プロフィールを使用する際にスクリーンリーダーを通じて写真の説明を聞くことができるようにします。この機能ではオブジェクト認識技術を使用し、スクリーンリーダー用の写真の説明文を生成します。これにより、利用者がアプリを閲覧するのに合わせて、写真に写っている可能性のあるアイテムのリストが読み上げられます。 2つ目の改善では、カスタム代替テキストを導入し、写真をアップロードするときに投稿者が写真のより詳しい説明を追加できるようにします。スクリーンリーダーを使用する人にはこの説明が読み上げられます。 これらの取り組みはInstagramのアクセシビリティを向上するための最初の一歩です。今回の改善について、詳しくはInstagramヘルプセンターをご覧ください。

Read More

プロフィール画面を改善するためのテストを開始

Instagramのプロフィール画面は、自分についての情報をシェアし、自分らしさを表現するための場所です。利用者の皆様がより豊かに自己表現をしたり、大切な人達と簡単につながれるよう、プロフィール画面を改善するためのテストを本日より開始します。 今後数週間にわたり、プロフィール画面上部に表示されるアイコンやボタンの位置や、タブ間の切り替え方法などが変更される場合があります。これらの変更を通して、プロフィール画面がより使いやすくすることが狙いです。すでにフィード投稿としてシェアしている写真や動画には変更は生じません。 プロフィール画面のデザイン変更例 これらのテストは、今後数週間にわたって異なる組み合わせで段階的に行われます。Instagramにおける体験がより良いものになるよう、利用者の皆様からのフィードバックをもとに、テストを続けていく予定です。

Read More

Instagramでの不誠実なアクティビティに対する削除措置

近頃、サードパーティアプリを使ってフォロワーを不自然な形で増やしているアカウントが見受けられます。利用者の皆さまが毎日Instagramにアクセスするのは、誠実なやり取りをはじめとする、本物の体験を求めているからです。こうした体験が不誠実なアクティビティによって妨げられないようにするのが、私たちの務めです。Instagramでは本日以降、サードパーティアプリを使って知名度を高めているアカウントから、偽の「いいね!」、フォロー、コメントを削除します。私たちは機械学習ツールを開発することで、こうしたサービスを利用しているアカウントを特定し、不誠実なアクティビティを削除できるようにしました。このような行為はコミュニティに悪影響を及ぼします。また偽の「いいね!」、フォロー、コメントを生み出すサードパーティアプリはInstagramのコミュニティガイドラインと利用規約にも違反します。 このような望ましくない行為の拡大を防ぐために、私たちはいくつかの措置を講じます。こうしたサービスの利用が確認されたアカウントには、そのアカウントから他のアカウントに対する偽の「いいね!」、フォロー、コメントが削除されたことを知らせるアプリ内メッセージが届きます。また、パスワードを変更してアカウントの安全を確保するよう求められます。このようなアプリを利用している人は自分のユーザーネームやパスワードをシェアしているため、アカウントがサードパーティアプリによって偽の「いいね!」、フォロー、コメントの生成に利用されることがあるからです。この問題は、Instagramコミュニティに不適切な行為をもたらすだけでなく、該当するアカウントのセキュリティレベルも低下させるのです。 なかには知らないうちにログイン認証情報をサードパーティアプリとシェアしてしまっている方もいるでしょう。アプリ内メッセージを受け取った場合はパスワードを変更して、アプリから自分のアカウントへのアクセスを無効にしてください。この新たな措置は継続的に実施される予定です。フォロワーの拡大にサードパーティアプリを使い続けているアカウントでは、Instagramの利用に支障が出る可能性があります。 Instagramでは当初から、偽アカウントの自動検出と削除によってコミュニティを守ってきました。本日からの措置は、人々が誠実な形でつながってシェアする、活気に満ちたInstagramコミュニティを維持するための次の一歩にすぎません。今後数週間のうちに、Instagramでの不誠実なアクティビティに対処するための追加措置についてお知らせする予定です。

Read More

ショッピング機能の追加アップデート

クリスマスに向けて、欲しいものを考えたり、プレゼント用リストの準備したりする季節になりました。ホリデーシーズンを迎えるにあたって、ショッピングをより手軽にInstagramで楽しむことができる機能を紹介します。 今年9月、ストーリーズ投稿でもショッピング機能が使えるようになり、気に入った商品の詳細情報を簡単に確認できるようになりました。また、既にフォローしているビジネスだけでなく、利用者の興味や関心に沿ったビジネスのショッピング投稿を表示する「ショッピングチャンネル」もExploreページに追加しました。 本日発表する3つのアップデートにより、Instagramで新しい商品の発見や、お気に入りのビジネスからの商品購入、気になる商品の保存ができるようになり、年末のホリデーシーズンに向けての準備がさらに簡単になります。 ショッピングコレクションに保存する 欲しいアイテムを見つけたら、また後でチェックできるようショッピングコレクションに保存しましょう。ストーリーズやフィード投稿の商品タグをタップし、商品詳細ページにあるブックマークアイコンの順にタップすると、選んだ商品をショッピングコレクションに保存することができます。既存のコレクション同様、ショッピングコレクションはプロフィールからアクセスできます。この機能により、簡単に欲しいものリストを整理でき、ホリデーシーズンのプレゼントのクリエイティブなアイデアも保存できます。 ビジネスプロフィールからショッピング ショッピング投稿で紹介されているすべての商品をすばやく表示できるようにするため、ビジネスプロフィールの[ショップ]タブのデザインを刷新するテストを行います。ビジネスプロフィール内の[ショップ]ボタンをタップすると、商品名や価格など、商品に関する情報やその商品が紹介されている投稿が表示されます。この機能により、お気に入りのビジネスが提供する商品を、一覧として確認することができます。 フィードの動画投稿でもショッピング お気に入りのビジネスがシェアした動画投稿からもショッピングができるようになります。ビジネスが投稿した動画コンテンツの左下にあるショッピングバッグのアイコンをタップすると、そこで紹介されている商品とその詳細情報を表示できます。 これらのアップデートを通して、新たなビジネスや商品の発見がより簡単になります。自分へのプレゼントや大切な人へのギフトをショッピングする際にぜひご利用ください。

Read More

いじめ行為を防ぐための新機能を導入

Instagramでは、いじめ行為を認めません。いじめや嫌がらせ行為をInstagram上で目にしたら、誰でもアプリ内から報告でき、ガイドラインに違反する場合は削除の対象になります。しかし、オンライン上のいじめは複雑です。Instagram上のいじめ行為を防ぎ、思いやりの気持ちを広めるためには、やらなければいけないことが多くあると認識しています。新たな責任者として、Instagramを利用者の皆様にとって親切で安全なコミュニティにするための取り組みを続けられることを誇りに思っています。 いじめ行為にあたる写真を検出 Instagram上の投稿の大半はポジティブな内容であるものの、残念ながら時には嫌がらせやいじめを目的に写真がシェアされることもあります。また、いじめ行為にあたる投稿を目にしたり、嫌がらせにあったりしても、自分から報告しない利用者も多くいます。そこでInstagramでは機械学習(マシンラーニング)を活用し、いじめと思われる写真やキャプションを検出する技術を導入しました。検出された投稿はコミュニティオペレーションチームが内容を確認し、コミュニティガイドラインに違反するものは削除の対象になります。この機能は、今後数週間かけて導入される予定です。 いじめコメントをライブ動画でも非表示に 今年5月にInstagramは、いじめコメントを自動的にブロックし、非表示にするフィルターを導入したことを発表しました。この機能はフィード投稿、エクスプローラ(Explore)ページ、プロフィールに適用されていましたが、今後はライブ動画上のいじめコメントもフィルタリングします。この機能はすでに導入済みで、日本語にも対応しています。 Instagramを安全に利用するためのヒントや機能については、保護者のためのInstagramガイド(日本語版)もあわせてご覧ください。 今後もInstagramでは、コミュニティの皆様に安心して利用いただけるプラットフォームであり続けるため、様々なツールの導入や機能の改善を行っていきます。 アダム・モッセーリ Instagram 責任者 @mosseri

Read More

ネームタグで友達を簡単にフォロー

このたび、一緒にいる友達のアカウントを簡単に追加できる機能、ネームタグを追加しました。ネームタグとはInstagramにおけるIDカードで、これをスキャンすることにより他の人があなたのプロフィールを見つけやすくなります。ネームタグはそのアカウント専用で、自由にカスタマイズできます。 ネームタグを試すには、プロフィールを開き、トップの3本線のメニューボタンをタップして[ネームタグ]を選択します。 画面上の好きな場所に触れるか、トップのボタンをタップして、色や絵文字、さまざまなスタンプ付きのセルフィーなど、いろんなデザインを試すことでネームタグをカスタマイズできます。他の人のネームタグをスキャンする場合、右にスワイプしてカメラを開き、ネームタグを写して画面上で長押しする方法と、自分のネームタグを表示中に[ネームタグをスキャン]をタップしてカメラを開く方法があります。また、SMSやFacebook、WhatsAppなどの他のプラットフォーム経由でネームタグをシェアすることもできます。シェアするには、ネームタグの右上の矢印をタップしてください。 ネームタグは本日から、全世界にてInstagramアプリのiOS版およびAndroid版でご利用いただけます。詳しくは、Instagramヘルプセンターをご確認ください。

Read More

Instagram共同創業者より 新代表 アダム・モッセーリ就任のお知らせ

Instagramは10月1日(米国時間)、プロダクト部門のバイスプレジデントを務めるAdam Mosseri(アダム・モッセーリ)がInstagram責任者に就任したことをご報告いたします。アダムはデザイナー出身で、Instagramがプロダクトを開発する上で大切にしている価値観(クラフト、シンプルさ)、そしてコミュニティの重要性を深く理解しています。これらはInstagram が創業当時から何よりも大事にしている信条であり、今後はアダムが引き継いでくれることを嬉しく思っています。 アダムはデザイナーとしてキャリアをスタートさせ、自身のデザインコンサルタント事業を運営した後、2008年にFacebook社のデザイン部門に入社しました。入社以降、デザイン部門からプロダクトマネジメント部門に異動し、モバイルアプリやニュースフィードの開発に携り、その後Instagramへ入社しました。今後Instagramの責任者としてビジネスの全事業を統括し、エンジニア部門、プロダクト部門、オペレーション部門の責任者を含む新しい役員チームを採用し、編成する予定です。 私たちがInstagramを退社することを発表して以来、Instagramの将来にどんなことを望んでいるのかという質問を多くの方にいただきました。最も重要なのはコミュニティ、つまりInstagramを形作ってくださる利用者の皆様です。アダムはこの価値を大切にしてくれるリーダーであり、Instagramは今後も成長し続けると私たちは信じています。 今後私たちは、Instagramというプラットフォームを提供する側ではなく、世界中に10億あるアカウントの中の利用者2人として、Instagramのこれからを楽しみにしています。アダムの下でInstagramはさらなる進化と改善を続けると確信し、今後のプロダクトとコミュニティに期待しています。 共同創業者 Kevin Systrom(ケビン・シストロム)、Mike Krieger(マイク・クリーガー)

Read More

フィードのおすすめ投稿をテスト中

本日より、フィードにおすすめの投稿を表示するテストを実施します。おすすめ投稿は、フォロー中の人や「いいね!」した写真・動画をもとに選ばれ、あなたが興味を持ちそうな投稿を発見することができます。 おすすめ投稿は、フォロー中の人からの新規投稿をすべて見終わったあと、フィードの最後に表示されます。「おすすめ」のメッセージが表示されると、すでに見た過去の投稿を表示するか、スクロールを続けておすすめ投稿を表示するかを選択することができます。おすすめ投稿に表示されたアカウントを気に入った場合は、青いボタンをタップするだけでフォローできます。 Instagramでは、利用者の皆さんにとって、フィードが大切な人とつながったり、好きなことをシェアしたりするのに最適な場所になるよう、継続的に改善に取り組んでいます。おすすめ投稿を表示する機能によって、コミュニティがシェアする様々な投稿をさらに発見しやすくなります。このテストは今後数日間かけてロールアウトし、コミュニティからのフィードバックをもとに改善を加えたあと、より多くの方々にご利用いただけるようになります。

Read More

InstagramとFacebookのアプリ利用時間を管理する新しい機能

このたび、「アクティビティダッシュボード」「デイリーリマインダー」「プッシュ通知のミュート設定」など、InstagramとFacebookの利用時間を管理できる機能を導入します。 これらの新しい機能は、コミュニティ(利用者)からのフィードバックや広範囲にわたる独自の調査に加えて、SNSが精神衛生に及ぼす影響などを研究している外部の専門家や団体と協力して開発しました。InstagramとFacebookでは、両プラットフォームを利用する時間が利用者の皆様にとって意図的で、インスピレーションを与えるような前向きな体験であってほしいと考えています。これらの機能によって、プラットフォーム上で過ごす時間を、皆様が自分で管理しやすくなることを願っています。また、オンラインやSNSの利用について、保護者と子どもの会話のきっかけになれば幸いです。 新機能にアクセスするには、それぞれのアプリで設定ページに移動します。Instagramでは[アクティビティ]を、Facebookでは[Facebookの利用時間]をタップします。 各ページの上部には、そのデバイスでそのアプリを利用した時間の平均を示す「アクティビティダッシュボード」が表示されます。バーをタップすると、その日の総利用時間を確認できます。ダッシュボードの下には、その日にそのアプリを利用したい時間に達するとアラートが届くように、「デイリーリマインダー」を設定できます。リマインダーはいつでも変更またはキャンセルできます。また、[お知らせ設定]をタップすると、新登場の「プッシュ通知のミュート設定」にすばやくアクセスできます。この機能では、集中する必要がある時間にInstagramやFacebookのお知らせを制限できます。 InstagramとFacebookでは、自分がどのくらいの時間をプラットフォーム上で過ごしているのか、利用者自身が理解し、自分の体験を管理しやすくなるよう、手助けをする責任があると考えています。 その他の機能やツール 利用時間については今後も改善や取り組みが必要だと考えていますが、過去1年間にわたり、InstagramおよびFacebookにおいて様々な機能やツールを導入してきました。Facebookでは、トップに表示や非表示、フォローをやめる、フォローを休止機能など、Instagramでは、機械学習で不適切なコメント、いじめコメントを自動的に非表示にするフィルター機能、コメントをオフにする機能などを提供しています。 また、自殺防止に関してもグローバルで注力しており、Save.orgなど自殺防止や精神衛生に関する活動団体と協力するほか、過去に自殺を考えた経験のある人々からの意見も取り入れながら、AIの活用や初動対応者の特定方法の改善などに取り組んでいます。 FacebookとInstagramでは、利用時間の長さだけでなく、利用者の皆様がその時間をどう過ごすかが大切であり、オンラインで過ごす時間が人々にどのような影響を与えるのか、オープンに話し合う責任があると考えています。今後も皆様にとって安全で思いやりのある、協力的なコミュニティを築き続けるために注力してまいります。 これらの機能は、順次InstagramとFacebookで導入される予定です。

Read More