Menu Opener

ライブ配信後のリプレイ動画をInstagram Storiesでシェア

Posted on June 20, 2017

本日より、ライブ配信後のリプレイ動画をInstagram Stories(以下、ストーリーズ)にシェアできるようになりました。これにより、ライブ配信を見逃してしまった友達やフォロワーも、後から見られるようになります。

ライブ配信終了後に、画面下部の[シェアする]をタップすると、ストーリーズにリプレイ動画が自動的に投稿され、24時間は見られるようになります。ストーリーズへの投稿を希望しない場合、[破棄]を選択すると、通常のライブ動画と同様にその時点でアプリから削除され、見られなくなります。

フォローしている利用者がリプレイ動画をシェアすると、ストーリーズトレイに表示される利用者のプロフィール写真の下に、再生ボタンが現れます。このアイコンをタップするとリプレイ動画が再生され、配信時のコメントや「いいね!」も見ることができます。画面の右側をタップすると15秒早送りされ、左側をタップすると動画を15秒巻き戻すことができます。また、[メッセージを送信]をタップして返信することもできます。

同じ利用者が複数のリプレイ動画をシェアした場合、上部に矢印が表示され、動画を簡単に切り替えることができます。 自分がシェアしたリプレイ動画を視聴すると、ライブ配信およびストーリーズでその動画を視聴した人の合計を、視聴者数として見ることができます。


昨年11月にライブ動画がリリースされて以来、数百万人の利用者がこの機能を使用して友達やフォロワーとリアルタイムに交流しています。これからは、さらに多くの人々と大切な瞬間をシェアできるようになります。

今回のアップデートについて詳しくは、Instagramヘルプセンターをご覧ください。

今回のアップデートは、Instagramバージョン10.26の一部としてiOS、Androidでご利用いただけます。iOS版はApple App Storeから、Android版はGoogle Playからダウンロードできます。

Share