Menu Opener

8億人のコミュニティのために、安全と思いやりへの取り組みを強化

Posted on September 26, 2017

Instagramは、皆様にこれからも安全でポジティブな自己表現の場としてご利用いただくため、新しい機能の追加と取り組みを発表します。Instagramはサービス開始当初から、すべての人に開かれた場を目指してきました。コミュニティの規模も8億人を超え、毎日5億人に利用されるようになった今、これまで以上に安全と思いやりへの配慮が求められています[LINK]。

コメントコントロール機能
コメント管理についてはすでに多くの機能を提供していますが、それに加えて他の機能をリリースします。今回のアップデートで、公開アカウントの利用者は自分の投稿にコメントできる人の範囲を指定できるようになります。すべての人からコメントを受け付けるほか、フォロー中の相手だけ、あるいはフォロワーだけがコメントできるよう限定することも可能です。また、アカウントが公開か非公開かにかかわらず、特定のアカウントをブロックして自分の投稿にコメントできないようにする機能も追加します。さらに、2017年6月、特定の不適切なコメントをブロックするフィルター[LINK]を英語でリリースしましたが、このフィルターをアラビア語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語にも展開します。フィルターの精度は時間とともに向上し、より快適に大切な瞬間をシェアできるようになります。

ライブ配信中、サポートが必要な利用者を匿名で報告する機能
Instagramでは、利用者が本当に必要としているときにメンタルヘルスに関連する情報やサポートをを提供できるよう取り組んでいます。ライブ動画の視聴中、誰かが困難な状況に陥っている、あるいはサポートを必要としていると思われる場合、匿名で報告できる機能を追加します。相手にメッセージが届き、ヘルプラインや支援組織の情報が表示されたり、知り合いや友達に相談することを促します。Instagramでは、このような報告に世界各地のチームが24時間年中無休で対応できる体制を整えています。
#思いやりを言葉に
今後数か月にわたり、Instagramは世界各国の都市の壁を、思いやり [LINK]をテーマにしたカラフルなアートウォールに変えていきます。ウォールを見に行き、写真や動画を撮影して、誰かの1日をハッピーにするコメントと #思いやりを言葉 にのタグを添えてシェアしましょう。また、思いやりをテーマにしたスタンプも登場します。

アートウォールやスタンプのデザインは、世界中のコミュニティメンバーが協力によるものです。 Instagramは、今後も安全で暖かいコミュニティを実現したいと心から願っています。皆様のご理解とご協力に感謝いたします。

Kevin Systrom
共同創業者兼CEO

Share