Menu Opener

ビデオチャット、新しいExploreなどの機能を追加

Posted on June 26, 2018

先月Instagramは、大切な人や大好きなこととあなたをより近づける新機能の導入を発表しました。本日より、ビデオチャット、Exoloreページのトピックチャンネル、そしてストーリーズの新しいカメラエフェクトをご利用いただけます。

ダイレクト機能でビデオチャットが可能に

ダイレクト機能を使って、1対1または4人までのグループでビデオチャットを楽しめるようになります。チャットに参加しているメンバーにしか見えない、非公開のスペースでリアルタイムに会話ができるため、離れた場所にいるときでも、友達と一緒にいるかのように繋がることができます。電話番号がなくても、Instagram上の友達と簡単に会話することが可能です(iOS/Androidに対応)。

ビデオチャットを開始するには、スワイプしてダイレクト機能の受信箱を開き、メッセージのスレッドを表示します。画面右上に表示される新しいアイコンをタップすると、簡単に友達へビデオチャットを発信できます。チャット中は動画スクリーンを縮小し、会話を続けたままメッセージや写真をDMで送ったり、フィードの閲覧したり、ストーリーズを投稿したりと、さまざまなマルチタスクが可能です。

ビデオチャットはグループでの利用にも最適で、同時に最大4人とのチャットが可能です。チャット中のグループがある場合、該当するスレッドのカメラアイコンが青く表示され、アイコンをタップするだけでチャットに参加できます。ビデオチャットに制限時間はなく、好きなだけ友達との会話を楽しめます。チャットから退出する際は、画面下に表示される赤い電話アイコンをタップします。

ダイレクト機能でアクティブなスレッドがある人となら、誰とでもビデオチャットを利用することができます。ブロックした人がいる場合、その相手からはあなたにビデオチャットは発信できません。ビデオチャットの通知を受け取りたくない人がいる場合、特定の利用者をミュートすることも可能です。通知設定は、プロフィール画面の歯車アイコンをタップし、[プッシュ通知] から変更してください。

Exploreページにトピックチャンネルを追加

Exploreページ(検索機能がある虫めがねアイコンのページ)にトピックチャンネルを追加し、興味のあるコンテンツを発見する方法が増えました。毎日2億人以上の利用者が、新しいアイデアやインスピレーションを求めてExploreページを利用しています。見たい投稿や、フォローしたいアカウントを探すのがより簡単になります。

トピックチャンネルを利用すれば、これまでより意図的にExploreページでコンテンツを探すことができます。ページを開くと、パーソナライズされたチャンネルが並ぶ新たなトレイが画面上部に表示されます。例えば[おすすめ]には、興味・関心に合ったさまざまな投稿がミックスして表示されます。また、アートやスポーツ、ビューティ、ファッションなどのトピックにまつわるチャンネルに加えて、ハッシュタグの一覧なども選択でき、様々な方法で興味・関心にあうコンテンツを発見することができます。最新のファッショントレンドや、次の旅行先のインスピレーションを得たいとき、簡単に関連する投稿を発見し、アカウントやハッシュタグをフォローできます。

また、Exploreページに表示されるコンテンツを管理しやすくなります。画面を左右にスワイプすることで、さまざまな趣味・関心にもとづいた投稿を閲覧できるほか、チャンネルをタップして特定のトピックに絞ってコンテンツを閲覧することもできます。なお、チャンネルを長押し、メニューから[ミュート]を選択すると、特定のチャンネルを非表示にすることもできます。ミュートしたチャンネルはトレイの一番最後に移動し、いつでも設定を解除できます。

新しいカメラエフェクト

さらに、ストーリーズに新たなカメラエフェクトが登場します。第1弾として、Ariana Grande、Buzzfeed、Liza Koshy、Baby ArielとNBAによるデザインが追加され、友達を笑わせたいとき、いつもと違うセルフィーを撮りたいとき、お気に入りのアカウントによるエフェクトを使って、自分を表現することができます。

これらのアカウントをフォローしていると、ストーリーズ専用カメラに新しいエフェクトが表示されるようになり、右下の顔のアイコンをタップするだけで使用できます。アカウントをフォローしていなくても、使ってみたいエフェクトを見かけたら、タップして試し、自分のストーリーズ専用カメラに追加することもできます。

今後も、Instagramで人気のあるアカウントによる新しいデザインを導入し、カメラエフェクトを充実させていく予定です。

これらのアップデートは本日より、アンドロイドとiOSの双方でご利用いただけます。

Share